子どもを愛する方法

子育てをしていると“私のやり方はあっているのだろうか”“ちゃんとした子育てをできているのだろうか”“母親失格なのではないか”

と悩むことも多々あるのではないかと思います。

『子育てに正解はない』とよく耳にしますよね。私も、その通りだと思います。


私の両親は、“よい子育て”をしてきたとは、私には思えません。

けれど、私が私の両親に育てられていなかったら、兄弟がいなかったら、今の私は成り立ちません。

私の両親が、大正解のすばらしい子育てをしていたら、今、私が愛している『今の自分』に辿り着くことができなかったのだと思います。

なので私は、両親や自分の生い立ちに今は感謝していますし、子育てに正解はなくていいと思っています。


でも、『間違いな子育て』はあると思うのです。

『間違いな子育て』とは、『子育てを通して親自身が成長しないこと』『愛することを学ばないこと』ではないかと私は思っています。

なので、“自分の子育てを疑問視したり、より良い方法を模索しようとしている”時点で、あなたの子育ては『間違っていない』のだと思います。


子どもは、親の成長を助けてくれる存在です。

“私の子育て、ダメかもしれないけどこのままでいいや”とか“私の子育て、正解です!”という感覚は

親自身の成長の放棄や、子どもの尊厳を脅かす危険性があるように感じるんです。


“この子にとって良い方法を模索し続ける”“悩みながら学びながら対応を変えていく”

ということが大切なのかな、と思っています。

その意味では、いつからでも、今からでも、『間違いな子育て』は軌道修正することができるということだと思います。

そしてまた、その営みが、子どもを愛することだとも感じます。


子育てって、投げ出したくなることや、“もうイヤ!!”ってなることがたくさんあって

そんな自分のことも嫌いになったりして

本当に大変ですよね。

私もまだまだ、成長期まっただ中です。

いつも悩んだり後悔したり、“タイムマシーンに乗って、あの時の私にアドバイスしてあげたい”とか思ったりしています。


子どもと一緒に試行錯誤しながら

ときどき、子どもと離れてお休みやリフレッシュしながら

焦らずゆっくりと、進んでいきましょう。


32回の閲覧0件のコメント